僕が踏み躙ってきた愛情と日常の総て

ゲイ。アラサー。フリーター。こんな僕の日記です。

心が死んだ日

僕の体は、もうダメなのかも知れない。

僕の心は、もうダメなのかも知れない。

(ネット乞食始めました)

今日も僕はバイト先で

周囲の無視にも耐えつつ何とか勤務していた。

ところが、14時頃だったろうか。

コピーを取ろうと席を立ったその時だった。

急に視界が真っ暗になった。

どれくらい時間が経っただろう。

気が付くと、僕はオフィスの床に倒れていた。

体を起こそうとするも、頭に鈍痛が走り

中々立ち上がれない。

そこへ、同じアルバイトの女性が僕のそばを通りかかった。

彼女は倒れこんだ僕の体を跨いで、

どこかへ行ってしまった。

僕は後頭部に走る鈍痛と闘い、

やっとのことで体を起こし、何とか立ち上がった。

壁の時計を見ると、間もなく15時を回ろうとしていた。

確か、先程席を立つ前にパソコンで時刻を確認した時には

14時ちょっと過ぎぐらいだった筈だ。

後は何も書く事が無い。

僕はもうダメなのかも知れない。

(↓記事がお気に召しましたらクリックお願いします。)

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ このエントリーをはてなブックマークに追加