僕が踏み躙ってきた愛情と日常の総て

ゲイ。アラサー。フリーター。こんな僕の日記です。

きっとこんなありふれた毎日が

今日は本当に書く事が無い。
これ以上亘との惚気話ばかりを書き連ねた所で
誰も喜ばないだろうし、
この足の状態では、仕事帰りにでも
ネタを求めてどこかに寄り道したりする余裕も無い。
どうしたものだろうか。

 

とりあえず、今日一日を振り返ってみようと思う。
 
昨日は丸一日休んでしまったが、今日は朝から普通に出勤した。
亘の家からS×へは、うちよりも遥かに近いので、
朝はかなりゆっくり出来た。
 
浅野さんが朝礼で僕の怪我について触れてくれたので、
他の社員やアルバイトも気遣ってくれ、
僕はほぼ歩いて移動する事無く仕事をこなす事が出来た。
これは前の上長の時ではあり得なかった事だ。
僕は浅野さんに心から感謝した。
 
完治するまでは少し早く上がれるようにして貰い、
退勤後はS×から一旦僕の住んでいる街まで出て、
嵩兄ちゃんの整骨院で治療を受けてから、
再び電車に乗ってMJにある亘の家へ向かった。
結構この移動が面倒に思えたが、
駅から徒歩で自分のアパートに戻るより、
電車でMJ駅まで出てしまう方が楽だった。
 

f:id:komadiary:20180612201525j:plain

 
夕食は昨日亘に買って来て貰った材料で作った。 
今夜はジャーマンポテトとハンバーグだ。
泊めて貰っている以上、多少は亘の生活に
彩りが出るように心掛けたいと思い、
ハンバーグは種だけ作って冷蔵庫にしまい、
亘の帰宅に合わせて焼くようにした。
 
そして今、Blogを書きながら亘の帰宅を待っている。
お風呂に湯も張ってあるから完璧だ。
亘が湯から上がる頃合を見計らって、
ハンバーグを焼きつつジャーマンポテトを温めよう。
 
これだけで今日書ける事は無くなってしまった。
面白味も味気もない、ただの日記だ。
まあ今までもこのBlogはこうだったし、これからもこの調子なのだが。
 
しかしいつの日か、そう遠くないであろう未来に、
僕はきっと気付く事だろう。
こんな風に、何でもない1日が、ありふれた毎日が、
何よりもかけがえの無い要素として、
すり減って穴の開いた僕の心を
いっぱいに満たしてくれるであろう事を。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ